診療内容

みみ、はな、のどについて診察や検査、診断をして治療をいたします。
 中耳炎やちくのう症(副鼻腔炎:ふくびくうえん)アレルギー性鼻炎、扁桃炎(へんとうえん)や扁桃肥大の他に、めまいや難聴・耳鳴り、口内炎や味覚・においの障がいなどの診断と治療もいたします。
また頭頸部(とうけいぶ)の腫れやリンパ節炎などの病気も診察します。
手術・入院治療や精密検査の必要があれば近隣の総合病院へご紹介いたします。
 緊急で入院が必要となる病気としては扁桃炎や扁桃周囲膿瘍、喉頭蓋炎、頚部膿瘍など食事がたべられない・腫れにより呼吸がしにくくなり窒息の危険がある病気の他に、めまい、突発性難聴、顔面神経麻痺などがあげられます。
 精密検査が必要となる病気としては悪性・良性腫瘍が疑われる場合や耳鼻科以外の原因(頭や肺や食道など)が疑われる場合があげられます。
 最近では飲み込みが悪くなりムセや嚥下性肺炎の原因となる誤嚥(ごえん)の検査も耳鼻科が中心となり診察を行っていますのでご相談ください。

当院の特徴

 当院では高精細のCTにより難聴や中耳炎の精密な画像診断が可能です。
 また耳鳴りの診断や治療、補聴器の相談、こどもや大人の耳の手術治療・人工内耳の適応についての相談にも対応いたします。難聴の原因検索では遺伝子検査も可能になっております。検査は福島県立医大で受けることができますので、ご希望の方はご相談ください。
 また鼻・副鼻腔のCTでは、より小さな炎症や病変の有無の確認や鼻骨骨折等の診断も可能です。当院のCTの特徴は低被ばく線量で高解像の画像が得られ、こどもでも椅子に座れれば撮影が可能なことです。
新生児の耳の診察や乳幼児の診察にも対応していますのでご相談ください。